Skip to content →

審査の厳しい銀行カードローンを利用した体験談

銀行カードローンの審査を初めて受けた時は、その厳しさについて何も知らず、結果を受けてショックに感じました。
最初に検討した銀行カードローンは、借入限度額が十分で、金利的にも好条件だと思って申込みました。
しかし、結果は即却下で、理由が分からずしばらく呆然と立ち尽くしていた苦い思い出が蘇ります。
後から冷静になって考えてみると、書類の一部に間違いがあり、初歩的なミスが原因であることが分かりました。
同じ銀行では短期間に再挑戦しても無駄になる予感があったので、二回目の申込みは、審査が受けやすいと評判の銀行カードローンを選びました。
一回目の申込みに比べると、審査の時間は長く感じられたこともあり、これなら行けると確信に近い感触が得られました。
ところが、二回目の結果も却下で、本当に原因が分からず惨めで泣きそうな気持ちになりました。
銀行カードローンに詳しい友人に相談すると、借入れ実績のない人を弾く厳しい銀行もあることが分かり、申込み先の選び方に問題があることがようやく理解出来ました。
友人のアドバイス通り、望み過ぎない条件での借入れを希望して、初心者に優しい銀行カードローンを選び挑戦することにしました。
二度の挑戦で諦めかけていましたが、結果的に三回目で目標を達成するは出来たので、今では辛くても良い経験だと思っています。
申込みの失敗した状況を思い出すと、収入が安定していなかったり、勤続年数が足りていなかった恐れも考えられますが、最終的には融資が受けられたので満足しています。
こちらの記事もおすすめです→今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!

関連記事

Published in キャッシング

Comments are closed.